TP&Dフォーラム2016(第26回整理技術・情報管理等研究集会)

  • 本ページを作成(5/24)
  • 各セッションのタイトルを確定(8/1)
  • 各セッションの司会者を掲載(8/1)

開催のお知らせ

 本フォーラムは、図書館分類法、Indexing論、情報検索、情報管理、目録法などの研究領域に関する研究発表
 および討論、そして全国の研究者の交流の場の提供をその趣旨としています。
 26回目となる本年は、横浜 にて開催予定です。多くのみなさまのご参加を期待しています。

主催:
TP&Dフォーラム2016 実行委員会
共催:
私立大学図書館協会東地区部会研究部分類研究分科会
後援:
情報科学技術協会、日本図書館協会、日本図書館研究会、日本図書館情報学会、情報知識学会

日時・会場

日時:
2016年8月27日(土)13時〜28日(日)12時ころ
会場:
ハロー貸会議室元町中華街 会議室B
横浜市中区元町1-11-3アメリカ山公園(駅舎)3階
みなとみらい線「元町・中華街」6番出口直結
http://www.hello-mr.net/detail/?obj=6
宿泊:
エスカル横浜
神奈川県横浜市中区山下町84
みなとみらい線「元町・中華街駅」3番出入口すぐ横
http://www.jswa.or.jp/escale/

発表者・論題

一日目
■セッション1
 佐藤 翔 氏 (同志社大学免許資格課程センター)
「国立国会図書館サーチのアクセスログに基づくアクセスポイント利用状況の検討」
 司会者
田村 俊明 氏(紀伊國屋書店)
 
■セッション2
 宮澤 彰 氏 (国立情報学研究所名誉教授)
「コアからアブストラクトモデルへ−ダブリンコアとメタデータ記述−」
 司会者
蟹瀬 智弘 氏(紀伊國屋書店) 
二日目
■セッション3
 山 久道 氏 (中央大学社会科学研究所)
「「情報貧国ニッポン」を超えて−図書館,図書館員は生き残れるか−」
 司会者
高杉 幸史 氏(中央大学図書館)

ご参加について

参加費:
20,000円(一般)
※ 参加費には、宿泊費および懇親会費、後日発行される論集の代金等が含まれています。
※ 学割,部分参加設定あり。詳しくはお問合せください。
※ 宿泊は、3〜4人毎の相部屋です。シングル希望の場合は別途料金が必要です。
  シングル部屋は定員に達しましたので受付できなくなりました。
募集定員:
40名
  募集定員に達しました。受付は終了いたしました。(7月19日)
募集締切:
2016年8月6日(土)(締切前でも定員超過等でお断りする場合があります)
申込方法:
氏名、性別、勤務先、連絡先住所、電話、e-mailアドレスを明記の上、
申込先アドレス (tpdforum@gmail.com) に送信して下さい。
なお,メール送信後1週間経過しても当方より返事がない場合はメール不達
の可能性があります。再度の送信をお願いいたします。

○申込メールでは,以下のフォームをコピーしてお使いください。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
氏 名:
性 別:
勤務先:
〒番号:〒
住 所:
    ※フォーラム開催後に刊行される報告論集の送付先。
電 話:
e-mail:
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
※お届け頂いた個人情報は,フォーラムに関する連絡および論集送付以外では使用いたしません。
連絡・申込・問合先:
TP&Dフォーラム2016実行委員会
委員長  鈴木 学(日本女子大学図書館)
E-mail:tpdforum@gmail.com
以上

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-08-01 (月) 14:18:44 (301d)