TP&Dフォーラム2008(第18回整理技術・情報管理等研究集会)

  • おかげさまで、無事開催されました。(9/1現在)
  • 参加申込〆切となりました。予定定員は埋まりましたが、若干の残席を確保しています。いまご連絡いただければ何とかなります(7/16現在)
  • 詳細スケジュールを掲載(7/6);
  • 研谷紀夫氏の発表について、タイトルを正式論題に修正しました(6/4)
  • 学生割引(一般の半額)を設定しました。下記「参加費」の項をご覧ください(5/20)

開催のお知らせ

 図書館分類法、Indexing論、情報検索、情報管理、目録法などの研究領域に関する研究発表および討論を通じ、この分野の発展に寄与すると共に、全国の研究者の交流の場の提供をその趣旨とした標記研究集会を開催いたします。
 本年度は第3回(1993年)以来久しぶりに、大阪にて開催いたします。多くのみなさまのご参加を期待しています。

主催:
TP&Dフォーラム2008 実行委員会
共催:
私立大学図書館協会東地区部会研究部分類研究分科会
後援:
情報科学技術協会、日本図書館協会、日本図書館研究会、日本図書館情報学会(五十音順)

日時・会場

日時:
2008年8月30日(土)13時〜8月31日(日)12時前
詳細スケジュール
会場:
大阪コロナホテル(大阪市東淀川区西淡路1-3-21)
新大阪駅より200m http://www.osakacoronahotel.co.jp/

発表者・論題(順不同)

国分芳宏氏、岡野弘行氏(株式会社言語工学研究所):
「複数の観点で分類したロジェ型シソーラスとその自然言語処理での応用」(仮題)
研谷紀夫氏(東京大学大学院情報学環):
「文化資源電子情報化メディアと人名・組織典拠情報」
鴇田拓哉氏(筑波大学大学院図書館情報メディア研究科・院生):
「FRBRをどう捉えるか?:概念モデルに着目した試み」(仮題)

参加について

参加費:
20,000円(一般)
※ 参加費には、宿泊費および懇親会費、後日発行される論集の代金等が含まれています。
※ 学生割引 10,000円(院生・学部生問わず。ただし、社会人で別途常勤の職にある方を除く)
部分参加も可能です。参加費についてはお問い合わせください
募集定員:
35名
募集締切:
2008年7月15日(定員超過等でお断りする場合もありますので、お早めに)
申込方法:
氏名、性別、勤務先、連絡先住所、電話・FAX 番号、e-mailアドレスを明記の上、申込先アドレス(tpd2008@eplang.jp)に送信して下さい。
実行委員長:
田村俊明(大阪工業大学図書館)
実行委員会事務局(問い合わせ先):
帝塚山学院大学人間文化学部・渡邊隆弘研究室
堺市南区晴美台4-2-2 Tel:072-296-1331(代表)
E-mail: tpd2008@eplang.jp
以上

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-07-06 (日) 02:27:00 (3250d)