開催のお知らせ

 図書館分類法、Indexing論、情報検索、情報管理、目録法などの研究領域に関する研究発表および討論を通じ、この分野の発展に寄与すると共に、全国の研究者の交流の場の提供をその趣旨とした標記研究集会を開催いたします。

主催:
TP&Dフォーラム2007 実行委員会
共催:
私立大学図書館協会東地区部会研究部分類研究分科会
後援:
情報科学技術協会、日本図書館協会、日本図書館研究会、日本図書館情報学会(五十音順)

日時・会場

日時:
2007年8月25日(土)13時〜8月26日(日)12時(予定)
会場:
鳳明館森川別館(東京都文京区本郷6-23-5)http://www.homeikan.com/

発表者・論題(発表順)

(1) 谷口祥一氏(筑波大学):
「FRBRのその後:FRBR目録規則? FRBR OPAC?」
(2) 山本一治氏(一橋大学附属図書館):
「米国議会図書館件名標目表(LCSH)の特性:標目の意味、標目間の関係、主題表現の『文法』の観点から」
(3) 山本昭氏(愛知大学):
「『階層関係』を見直す〜分類、シソーラス、ターミノロジーから」

参加について

参加費:
20,000円
※ 参加費には、宿泊費および懇親会費、後日発行される論集の代金が含まれています。
募集定員:
35名
募集締切:
下記までお問い合わせください。
申込方法:
氏名、性別、勤務先、連絡先住所、電話・FAX 番号、e-mailアドレスを明記の上、申込先アドレス(tpd2007@eplang.jp)に送信して下さい。
問い合わせ先:
文教大学越谷図書館 藤倉恵一
〒343-8511 埼玉県越谷市南荻島3337
TEL: 048-974-8811 ex.1702
E-mail: siegler@lib.bunkyo.ac.jp

※ 参加申込者の方は、こちらで予稿集をご覧ください。 (閲覧のためのパスワードはメールで照会してください)

以上

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-08-10 (金) 11:52:36 (3580d)